SSブログ

recipe 子供


翌日山一つ越えた街の市場に鹿肉を売りにでかけ
高値で売る事ができた
今年の豪雪で鹿は不猟だった為
高値が着いたのだった
収入が3カ月無くても暮らせる程の金額だった
男は妻の功績もあるので
妻に土産を買って帰った
鹿の代金と土産の袋を渡して
靴を脱いだ頃に妻の喜びの声が漏れた
妻の手には1本の朱色の簪が握られていた
似合うと想ってと妻に言葉を伝えた
とても素敵な簪
妻の口から溜め息めいた言葉が零れた
束ねた黒髪に妻は土産の簪を挿して見せた
その朱色の簪は妻にとても似合っていた
鮮やかな朱色が妻の持つ艶のある黒髪や
静かなる佇まいの美しさを引き立たせている
とても似合っている
妻はとても嬉しそうだ
女は贈り物を喜ぶ
誰かが口にしていたのを想いだした
時々こうやって妻を喜ばせてやろう
それは言葉にせず心で密かに決めた
簪がよほど気に要ったのか
それとも男の行為が嬉しかったのか
それ以降寝る時意外は簪は常に妻の髪の中にあった
朱色の簪が妻の髪に在るのが日常となった頃に
少しづつ妻の腹がふっくらと膨らみ始め
雪が融け春が訪れた頃には明確になった
数か月もすれば父親になり母親になるのだと
その年の夏が過ぎ冬の訪れを肌で感じる頃に
妻は女の子を出産した
名前を千鶴と着けた
鶴のように永く生きれますようにと
美し在りますようにと
千鶴は1年も経たない内に
歩く事が出来るようになり
言葉を憶えるのも早かった
容姿も子供ながらに妻の面影を携えてる子で
可愛らしさの中に美しさを湛えていた
それを妻に漏らすと
それはただの親ばかよと
笑われるだけだった
それと
錯覚だろうなとの想いはあるのだが
千鶴を見てると
そこに妻の幼少を見てるような感覚があった
それを集落の幼馴染の妻に語ってみた
女から見たらそういう感覚はないのか
確認して見たかった
幼馴染の妻は自分の生んだ女の子を見てると
隣に子供の頃の自分が居て
同じ事をやってる感覚かなと
語ってくれた
感じた事と同じようなんものだと納得した
ついでに男の子だったら
どんな感じか尋ねた
彼女は即答でまんま旦那の子供の頃
そう応えた
彼女は女の子一人と
男の子2人産んで居る
生活は大変だが子供はまだ欲しいそうだ
その感覚は理解できそうになかった
単純に男と女の感覚の違い
もしくは育った環境の違い
少ない人数の家族で育ったから
大勢居るのは馴染めそうもなかった

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

recie 奇妙な感触recipe 在るがまま ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます